« 金木犀アレルギー | トップページ | キース・アーバン »

トム・クルーズ特集

トム・クルーズ、キャメロン・ディアス、来日しましたね

トムとキャメロンは、親しい友人という雰囲気で、見ていて安心。

ここで、今日はトムについて。トムは、三度目の結婚。

一度目が、ミミ・ロジャース、二度目が、ニコール・キッドマン

そして、三度目が、ケイティ・ホームズ。三人とも、トムより背が高い。

トムには、長身の女性が似合う。背の高い女性に、トムが

ガバッと抱きつくというか、巻きつくショットが多い(゚m゚*)

これが、またよく似合うのだ(*^m^)

ペネロペはトムよりチビ。二人で並んでいると、トムがなんだか

哀れに見えた。ラテンの黒髪のおチビのペネロペは、かなり我が強く、

当時、既にトップスターのトムに合わせない。一緒の記者会見でも

トムの話を聞いていない。トムを差し置いて、自分の方へ

注目を集めようとする。非常に、強情で譲らないのだ。

「続かないな・・・」と思ったら、やっぱり破局。前妻のニコールと

二人の間の養子とクリスマスを過ごしたのを激怒。だそうだ。

ペネロペ、強欲なのだ。たいしたキャリアもないのに、トムを

自分の思い通りに出来ると思い、失敗。予想が甘いのだ。

トムは既にハリウッドスターだ。おまけに、サイエントロジーに入ってる。

中々、お相手選びには厳しい。そこへ、ケイティ・ホームズ。

「将来の夢は、トム・クルーズのお嫁さんが現実になった。

キャリアもランク外のケイティは、トムにとっては安心。

おまけに、16歳?年下。甘ったれのケイティはトムの父性を刺激。

さらに、トムの為にカトリックから、サイエントロジーへ改宗。

こうなれば、トムにとって文句なし。あの結婚が決まったときの

トムの奇行で、ドン引きしたファンも理由が分かるだろう。

トムは、女性が全てを自分に委ねてくれれば、必ず保護する性格だ。

が、これは女性が全面的にトムに合わせないといけない。

ニコールもずいぶん、サイエントロジーで苦労したらしい。

トムは王子様なのだ。全てはトムのため。女性はトムに合わせる。

これがお決まりだ。さて、ついでにキャメロン。日本人は好きな人が多い。

私は好きでも嫌いでもないが。キャメロン、過去にブラピの一度目の

結婚、あの冴えない、なんだっけ、名前も出てこない、えーと

そうそう、ジェニファー・アニストンの結婚式で、酒に酔って

大暴れしたらしい。結果、ブラピが出入り禁止を発言したらしい。

ブラピのセレモニーには、一切出るなと。その後は知らないが。

ハリウッド・スターといえども、ただの人。みんな、それぞれ

お騒がせな人たちだ。ま、トムはおそらく安泰だろう。

それにしても、トムとキャメロンは普通にお似合い。

映画もコメディで楽しそう。近年、ヒットに不作だったトムには

復活となる作品になると私は思う・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

8

『 トップガンのトム わっか~い アンちゃんですな 』

7

『 最初の妻、ミミ・ロジャース。母と息子って感じです 』

ちなみに、ミミの方が背が高いはず

6

『 言わずと知れたトムとニコール。

 夫婦と言うより、お似合いの恋人という感じ

 ニコールはトムを本当に好きだったと、後に述べています。

 深遠な世界に二人だけだったと 』

3

『 もう一枚。ニコールを見るトムの眼差しが嬉しそうです 』

Photo

『 大口開けてるケイティ・・・、ニコールのときとは、表情が違うトム 』

Photo_2

『 最後に現在のニコール。落ち着いた表情、

 子供も生まれて幸せそう。夫婦の表情ですね 』

キース・アーバンもかなりカッコイイです。カントリー歌手

二人ともオーストラリア人。

« 金木犀アレルギー | トップページ | キース・アーバン »

アクター・アクトレス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トム・クルーズ特集:

« 金木犀アレルギー | トップページ | キース・アーバン »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ