« 家鳴り | トップページ | 2012年 大晦日 »

相手を見極める

年の瀬も迫っている時に、いじめの話も何だが

私は人間のあくどい部分をよく知っている。

元々勘がいいのか、経験して覚えたものもある。

それから、これはちょっと他人には分かりにくい部分だが

私は、見た目と内面のギャップが大きい。

ゆえに、他人から、「この人は、こういう人だろう」と言う

勝手な思い込みで、振り回された経験を山ほど持っている。

「この人は、優しく見えるから、私に必ず親切にするに違いない」

この思い込みで、初対面の私を牛耳ろうとする。

もちろん私は拒否する。するとここでトラブルが勃発するわけだ。

だから、自分で考えたのだ。いかにしたら、他人から振り回されなくなるか。

人間生きていく上で、嫌な人間には必ず遭遇する。

子どもの頃から場数を踏んで、覚えていけばいいのだが

大人になってからでも、嫌な人間というのは、そこいらにゴロゴロいる。

一番いいのは、関わらないこと。いわゆる無視である。

有害な人間と、わざわざ自分から付き合うことはない。

しかし、これが学校や職場となるとそうもいかない。

逃げ場がないからだ。逃げ場が無い時も、必要がなければ

徹底して接触しない。もう、これしかないのである。

幸い?私は、一人でも大丈夫な気質だったので、

群れなくても平気だし、見知らぬ赤の他人に好かれようとも思わない。

この気質だったおかげで、「NO」と他人に言える事が出来る。

これでも、子どもの頃は言えない子どもだったのだ。

そして、よく一人で泣いていた。他の子は、意外と強く見えたものだ。

しかし、大人になってみて、意外や意外に、他人に「NO」と

言えない人がいかに多いか、知ることになった。

根底にあるのは、やはり好かれたい。これが非常に多い。

そして孤立したくない。これもダントツに多い。

そして、大事な所、毒のある人間を見抜けない。

これも非常に多い。私に、「優しくしろ」と指図する女性がいる。

大体年上が多い。この手のタイプは、相手をちゃんと見てやっているのだ。

私が、まず男性だったらやらない。怖い女性でもやらない。

つまり、なめてかかっているわけだ。

電車などの横入りなんかもこのタイプ。とにかく図々しい。

私は、この手の図々しい攻撃的な女が大嫌いだ。

見た目は、派手なのもいれば地味なのもいる。要注意。

そして、大人しいと思った私から、まさかの逆襲が来るとは

予想もしていない。虫がよすぎるのだ。

つまり、毒のある人間は、相手を見て態度を決めているのだ。

こんな奴らの思うようにさせないように、自分の身は自分で守ろう。

相手の性格は治らない。その時点でそうなら、その後も同じだ。

それに対して、「ひどい人だ」、「許せない」、「私に恥をかかせた」

などと言い、「そんな人と付き合うのは、止めなさいよ」と言うと

「私を慕ってくるから・・・」と言う。はっきり言うが、

慕ってなんかいない。ただ利用されているだけだ。

もっというと、バカにされて、下に見られているわけだ。

自分を見下して、利用する人間を、「慕われてるから」と言う人も

かなり痛い。根底にあるのが、寂しいから、好かれたいから。

私も寂しがり屋の部分は少しはあるが、毒のある人間の

餌食になろうとは、さらさら思わない。

自分の身は、自分で守る。これが鉄則である。

« 家鳴り | トップページ | 2012年 大晦日 »

人間関係」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ