SUPERNATURAL

ディーン&サム 「シーズン7」

スーパーナチュラル シーズン7!!

ジェンセン、ちょっとほっそりしました。

頬がコケています でも、相変わらずセクシーで

カッコいい兄ちゃん役です

ジャレッドもカッコいいです。少々もみあげが気になりますが

長髪が似合っています 手足も長くてカッコいい

ジェンセン&ジャレッド共に、スパナチュ以外でも

どんな役でも合いそうです。ま、ドラマの中でも

FBIやウェスタンスタイルなど色んな変装をしていますが。

シーズン7のエピソードで、ディーンはボビーの友人、

フランクからコンピューターの技を教えてもらう。

いつもサムにお株を奪われがちなディーン。

ウェブジャックの方法をサムの前で披露。

パソコンを操作しようとするディーンに、サムが一言。

サム : 「またアニメを見るの?」

ディーンがキータッチでカタ カタ カタ・・・。

サム : 「町の映像?」 「どうやった?」

ディーン : 「フランクに教わった」 「悔しいか?気にするな」

サム : 「僕にも、やり方教えて」

ディーン : 「俺に負けるのは不満か」

出ました、兄弟のいちゃいちゃ。こんなやり取りが好きです

サムとディーンのいちゃいちゃは、ファンにとってたまりません

Jj

『 ジェンセン&ジャレッド

 ハンサムガイの二人です 』

ボビーおいたん・・・ 「シーズン7」

ボビーおいたん、さようならです・・・

寂しい でも仕方がない

ディーンとサムは立派に大人になりました

スリーショットが見れないのは、残念・・・

ボビーおいたん、お疲れさまでした

Three_men

『 仲良し三人組です ジョンパパと同じく

 結構あっけなく逝ってしまいます・・・

 ボビーの本だらけの古びた家が好きだったのにな~ 』

「スーパーナチュラル」 シーズン8へ突入!!

きゃああああ~~~~

スパナチュシーズン7を終えて、8へ突入よぉ~~~~

いつ終わるか、ハラハラしていたけど、

まだ続けてくれるのね~~~

ジェンセン&ジャレッド、LOVEよ~~~

心の支えよ!! まだ終わらないでほしいわ~~

ナイスガイになったわよね。おかーさんは嬉しいわ~~

Photo

『 おなじみJ2 二人ともなんが~いおみ足 』

「 久しぶりに、J2 」

最近、スパナチュ話を書いていないので・・・。

ジェンセンとジャレッドが見たいので・・・。

J2_7

『 バ~ン ハンサムガイ J2です

 かわいいな~ 二人とも大好き 』

サム&ディーン 「子ども時代」

サム&ディーン

4歳の差って大きいのね~

10代のサム&ディーン

サムは、女の子みたいでディーンは既にイケメン

サムの同級生は、ディーンを見て

友人 : 「君の兄さん?超イカすね!!」(*゚ー゚*)

サム : 「ああ、自分でいつも言ってる・・・」┐(´-`)┌

Photo

サム : 「 わ~い、兄ちゃん 」

ディーン : 「 俺ってカッコイイだろ?( ̄ー ̄)ニヤリ 」

<シーズン4より>

スーパーナチュラル 「ボビーおいたん」

スーパーナチュラル レギュラー陣の一人、

ボビーおいたん ( ←フルハウスじゃないよ

たしか、シーズン2から登場。その後、サム&ディーンパパより

登場が多い。ボビーおいたんも受難が続く。

とくにサムからは、二度も痛い目に遭わされて少々トラウマ気味

魔王に乗っ取られる心配のなかったディーンとは、関係は良好。

サムとディーンが成長した分、ボビーおいたんは歳を取るわけで・・・。

シーズン2より、明らかに髪に白いものが増え、

お腹もベンベンの太鼓腹、とまでひどくはないが、少々お腹も

当初より出気味・・・ スパナチュでは、ボビーのお家も散々出てきます

書籍がうず高く積まれていて、古びた家。

独りわびしく、缶詰のスープを温めたり、老体を酷使して

徹夜で調べ物をしたり、旧友のハンターからは、

「俺は一日電話番じゃねえからな」とまで言われてしまう。

シーズン6になると、さすがに地面に穴を掘る労力も

堪えるのか、ブルドーザーを所有。友人のハンターからも、

「俺も、それ欲しい!!」とハンターの哀しい性を感じさせます

たしか、シーズン4でサムが、

「僕らは、いつまでハンターをやれるのかな」と言うと、

ディーンが、「おそらく60歳まで俺たちは生きないだろう」と

答える。ハンターは死亡率が高いからだ。

二人とも、「長生きはしたくないな」と呟く。

「歳を取ったいい見本がないよね」とサムが言うと、

「ボビーがいる」とディーン。サムとディーンの信頼は厚いボビー。

ボビーおいたん、これからもサムとディーンを助けてあげてちょうだい

「俺を助けてくれる奴が誰もいない・・・」とボビーは嘆きます

Bobby

『 ボビーの服装はいつもボロボロ

  パイ好き サムとディーンの為にいつも頑張ってくれています 』

スーパーナチュラル シーズン6

スーパーナチュラル シーズン6!!

“Winchester Brothers シリーズ” まだまだ続きます

相変わらずグロいシーンも多々ありますが、やっぱり好きです

シーズン6のエピソード12、邦訳は「ドラゴンの古書」。

ドラゴンを倒せる勇者にしか抜けない剣を

ディーンが抜こうとするシーン。

軽くコント入ってるようなディーンはかなり笑えます

さらに帰ってきたディーンの剣を見て、サムの一言。

「どうすんだよ、これ。棒にでもつなぐの?」

ディーン : 「仕方ないだろ、接近戦てことさ」

こんなやりとりのあるシーンが好きです・・・

サム&ディーン、お似合いの二人

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<追記>

帰ってきたサムを見て、ハグしようとするキャス。

おずおずと近づいたのに、なんとサムは拒否

「気まずい・・・」と固まるキャス。ディーンとボビーには

がっつりハグしたサムなのに・・・。複雑なんでしょうね

Spn6

『 サムが帰ってきました

  やっぱりディーンとのツーショットがお似合い 』

スーパーナチュラル シーズン5 「 swan song 」

スーパーナチュラル シーズン5!!

最終話、「 swan song 」 直訳すると白鳥の歌・・・。

意味は、「死ぬ間際の白鳥は、最も美しい声で歌う」

という伝説から生まれた言葉。だそうです

最後の作品という意味もあるそうです

最後の最後に物を言うのは、やっぱりディーンのグリーンの瞳

ちなみにディーンもサムも二人ともに、お目目はグリーン

エピソードも終盤間際、ディーンは、やっぱりサムを救うのに必死

捨て身のディーンに、ルシファーはイライラ・・・

「そんなにしたら、ディーンが死んじゃう!!やめて~~!!」と

叫ぶまさにその時、ディーンの美しいグリーンアイに光が差し込み、

サムの脳裏をフラッシュバックが走る

それは、大好きな兄ちゃんディーンとの光景の数々・・・

ここでサムは正気に戻る。やっぱり兄ちゃんを裏切れないサムです

なんたって、赤ちゃんのときからディーンを見て育ったわけですから。

脳裏にしっかりディーンの愛情が埋め込まれているのです

やっぱりサムとディーンはラブラブなのです

(↑ 結局、毎回この言葉で締めくくり )

Dean_2

『 兄ちゃんディーンは、サムを救うのに必死 』

Sam_4

『 こ~んなコワい表情のサム・・・

  ルシファーのせいなのですが・・・ 』

J2

『 やっぱりラブラブショットを見たいので、

  こちらのジェンセン&ジャレッド 恋人同士のようです

  向かって左側の女性、脚本家です

  さらに向かって右側、製作総指揮にあたっているクリプキさんです 』

☆妄想コメントなのでジョークとしてお聞きください

「スーパーナチュラル シーズン5」 ディーン&サム

スーパーナチュラル シーズン5!!

シーズン3のときは、余命一年となったディーンが

サムと過ごす時間が減っていくのに、見ているほうも辛かった

でも、シーズン4でいきなり生還!!ただ、サムとは険悪な仲に・・・。

そして、シーズン5。今度は、サムが地獄へ落ちることに・・・

サムは何とか汚名返上で、ディーンの信頼を取り戻したい。

ディーンは、サムが魔王に乗っ取られることを、既に想定していて

実の弟を自分の手で殺すようなことは、絶対に避けたい。

シリアスなエピソードが多く、「ガハハ!」と笑えるシーンが少ない。

でも、シリアスなシーンでもユーモアやジョークは時々入る。

サムにとって、ディーンは愛情の対象。鳥のヒナが、生後一定期間に

見たものを親と認識して慕う特性の、まさに刷り込み状態なのだ。

ディーンを見たら、“信頼してOK!”とサムの脳は判断する。

そのディーンが、世界の終末を避けるべく、ミカエルの受け入れを

心に決め、姿を消そうとすると、当然サムは察知して、

「僕を見捨てるのか!!」 「頼む、信じてくれ!」 

「まさか、しないよな?」 「夜は外出禁止だぞ!!」

「一人じゃ戦えない、兄貴がいないと」

「兄貴しか頼れない」・・・。とサムはもうボロボロ

自分を捨てて出て行く夫、あるいは恋人を追うように、

ディーンを引き止める。見ている側も切ない

やっぱりディーンとサムは、ラブラブなのです

No1

『 ディーンの視線の先には、サムとルシファーが・・・

  こんな表情ジェンセンいつもながらに上手です 』

No2

『 サムもこんな表情が多い

  サムも葛藤します・・・ サムの宿命も受難で辛いです 』

No3

『 雰囲気を変えて、ハンサムガイ“J2”です

  コンベンションでの撮影?のようです

  ジャレッドのこのスマイル、好きですね~ 』

スーパーナチュラル シーズン5

スーパーナチュラル!!

現在、アメリカではシーズン7を撮影中らしい。

シーズン6が秋頃にDVD発売されるヽ(´▽`)/

大好きなんだけど、終わってほしくないな~~(゚ー゚;

シーズン5は、のっけから見ている側もキツイ。

サムとディーンがぎくしゃくしっ放し

既にシーズン4から、サムはディーンに隠し事をしていたわけで、

シーズン5で、とうとう我慢の限界に来たディーンから

「お前は、実の兄より悪魔を選んだ。もうお前を信用出来ない」と

キツイ一言。しかし、ディーンにしてみれば当然で、散々サムをかばい

守ろうとしたけど、サムは事ある毎に抜け出し、ルビーと会っていた。

一番信頼していたサムに思い切り裏切られ、ボロボロのディーン

おまけに弟を救う条件をしょっちゅう持ち出され、

天使にこき使われ、ディーンの我慢も限界に来るのも当然なのだ。

なのに、守ってあげている弟サムから「兄貴は弱い」

「兄貴はリリスに勝てない。僕なら勝てる」、

「逃げ出す兄貴を見たくない」など散々な言いよう∑(゚∇゚|||)

傲慢で身勝手なサムへと変貌・・・Σ(゚д゚;)

自分の手を完全に離れたサムとディーンは距離を置くことに。

さらにボビーからも、「もし生き延びたら、お前とは縁を切る」

「お前は、傲慢で身勝手で、終末を始まらせた原因だ!!」と

これまたキツイ一言(p_q*) サムは完全に孤立状態(u_u。)

もちろん、ボビーのセリフはとり憑いた悪魔が言わせたのだが

ボビーの本音の部分も混じっている。さすがにサムも涙目

「頼む、兄貴償わせてくれ」、「絶対に後悔させない」と必死に懇願。

「無理だ!」とディーン∑(゚∇゚|||) 「お互いに弱点なんだよ、別行動を取ろう」と

ディーンは告げて、天使のキャスと行動を供にする。

シーズン3までの、ラブラブいちゃいちゃ兄弟愛が減ってきたのは

少々寂しい・・・(p_q*) でも兄ちゃんディーンはやっぱり弟サムが

心配でなりません(ρ_;)

Spn5

『 ディーンとボビーは関係は良好

 二人ともサムに対してどうしたらよいのか分からない 』

Spn5_2

『 相棒サムが欠けた代わりに、キャスがパートナーを 』

 IDカード逆さまですΣ(;・∀・) 』

Spn5_1

『 最愛の恋人ジェス・・・ サムの宿命が原因で死なせてしまう

 ルシファーからも弱点を掴まれる

 やっぱりサムにはジェスがお似合い 』

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ